当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

MENU

一生懸命日誌

2020年01月24日

通常国会も5日目を迎え

今日で20日より開会した通常国会も5日目を迎え、代表質問が終わり、第1ステージが終わったような感じです。

 私にとっても、この5日間は激動の5日間であり、政治に参加して23年間になりますが、このような経験をした事はありません。

 多くの人から「ミキオさん、乗り越えられない試練は、神様は与えませんよ」と声をかけてもらいますが、未だ実感のない状況で、毎日を頑張っているというのが現状といったところです。

 今日は1月初めてのメルマガも配信し、政治生活が始まったのだなと、心から実感しました。

お支えいただいている皆様に、心から感謝です。

話は変わりますが、本日の新聞で興味をひかれた記事を紹介します。

日本をアメリカが「ホワイト国」から外しているという記事には、私もびっくりしました。

日本ならば、アメリカのどのような企業にも投資できると思っておりましたが、そうではないようです。

日米同盟60年を迎え、絆が深いものになったといわれておりますが、冷静に見れば、日米の間にはまだ違いがある事がわかります。