当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

MENU

一生懸命日誌

2020年03月28日

地域回りのなかで教わること

自転車に乗って地域回りをしておりましたら、2人の方から、政治のツボを突かれるような声をもらいました。
まずお一人目の方は、
「野党は、政府ではなく、国民に顔を向けて質問しなくてはいけない。それが出来ていないから、いまの野党は勝てないんだ」
「国民のなかには、悩んでいる人がたくさんいる。その声を代弁できる野党でなくては、政権は奪取できない。」
2人目の方は、
『今頃になって、1日に何度も小池都知事が記者会見しているが、いい加減にしろと言いたい。新型コロナは、1月から始まり、今日まで到っている。」
「五輪開催のために、習近平訪日のために、真実を追及せず、何もしてこなかったツケが、いま回ってきている。ロックダウンや外出自粛だとか、混乱を招くだけで、何の意味もない」
この2つの話は、自転車をこぐ私の頭のなかを、何度も何度もよぎりました。