2018.6.14放送分「歴史的な会談/米朝首脳会談から期待できること/動物殺処分ゼロ/密着!秘書体験」etc…

===【放送日時案内】===
「MIKIO POST on RADIO」は、以下の放送局にて好評放送中です!
—————
[毎週木曜 夜8時〜]
FM21:76.8Mhz
FMもとぶ:79.2Mhz
FMレキオ:80.6Mhz
—————
[毎週日曜 朝10時〜]
FMくめじま:89.7Mhz
—————
[毎週日曜 夕方6時〜]
FM那覇:78.0Mhz

===【Podcastで好きな時間に!】===
iPhoneをご利用の方は、Podcastを利用してお聴きいただけます。
購読(無料)は以下のリンクから

======
日時:平成30年6月14日(木)20:00〜21:00
場所:FM21

オープニング

ひろみ/皆さん、こんばんは。
本村ひろみです。
さあこの時間からたっぷりと、ミキオポスト OnRadio、番組のスタートです。
メインパーソナリティはこの方です。

ミキオ/下地ミキオです。
よろしくお願い申し上げます。

ひろみ/はい、今週もたっぷりと話題がありますが、何と言っても米朝首脳会談ですよね。

ミキオ/歴史的な会談でしたね。

ひろみ/はい。

ミキオ/もう下地ミキオはですね、私の勝負ネクタイ、勝負ポケットチーフ、勝負パンツ。

ひろみ/勝負パンツ。

ミキオ/勝負時計、勝負靴、全てを履いてこの12日を迎えたという。

ひろみ/おお。

ミキオ/思いわかります?

ひろみ/はい。

ミキオ/これ朝鮮半島の問題は、もうほんとにね、徳川時代からその前の豊臣時代からの問題が朝鮮征伐からずっとあって、それでずっとそこで戦争があってね。
もう何か心のわだかまりがずっと続いて、従軍慰安婦の問題があって、拉致問題があったって、ずっと続いてるんですよ。

ひろみ/はい。

ミキオ/それを解決する糸口が、初めてできたわけ。

ひろみ/うん。

ミキオ/そういうふうな意味においては、これ大きいわけよね。

ひろみ/ええ。

ミキオ/だからこれが大きく解決するということは、もう日本の骨格が変わるわけさ。

ひろみ/なるほど。

ミキオ/まず、沖縄の基地問題変わるよね。

ひろみ/はい。

ミキオ/もう朝鮮半島の有事を備えて、嘉手納飛行場も、海兵隊も、普天間の基地も、そしてこのホワイトビーチも全てそれが根拠になって、基地がつくられてきたわけだから。

ひろみ/ええ。

ミキオ/それがなくなるということになって、平和ができるってことになったら、それは沖縄においても大きく変わるよね。

ひろみ/そうですね。

ミキオ/きのうのトランプさんの会見では、この膨大な米韓の合同演習にかかる予算、しかもこの予算が膨大な上に、あのグアムからお金をかけて来るのはおかしくありませんかって、トランプが言ってるんだから。

ひろみ/うーん。

ミキオ/そういうふうなことを考えると、劇的でしたね。

ひろみ/劇的な1日。
この内容については、さらに詳しくお届けしていきたいと思います。
それではここで1曲まいりましょう。
ジョン・レノンで「Imagine」

♪ ジョン・レノン/Imagine ♪

歴史的な会談

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、お届けしております。
米朝首脳会談、もう全身オレンジでミキオさんも気持ちを込めて、きのうは1日を過ごしたとおっしゃっておりましたが、さらに詳しく伺っていきます。

ミキオ/1番目にはこの核の非核化についてやっていこうっていう、そういうふうな合意ができた。

ひろみ/はい。

ミキオ/2つ目には、米朝でこの国交を結んでいこうという、こういう合意ができた。

ひろみ/はい。

ミキオ/3点目には、朝鮮戦争のときに亡くなった兵士の遺骨だとか、さまざまなことについて決着をつけようというような合意ができましたね。

ひろみ/はい。

ミキオ/そして、4番目には北朝鮮の体制の守るという、こういうふうな話、合意ができましたと。

ひろみ/ええ。

ミキオ/いうようなことになったんで、この1歩がなければ10歩はないと。

ひろみ/うん。

ミキオ/1歩がどういう全ての結果が出すかというんじゃなくて、この9秒9出す、9秒7出す100メートルの選手も1歩が勝負なんですよね。

ひろみ/まずは、最初の1歩ですよね、はい。

ミキオ/この1歩ができたというようなことになってますから、私からするとこれは大きいというふうに見ていますね。

ひろみ/きのうの1歩がまずはスタートラインに立った感じで、もうスタートした感じですかね。

ミキオ/これが大きかったんじゃない。

ひろみ/大きかったですね、はい。

ミキオ/そういう意味でも、今までの6カ国協議っていうのは、役人たちが、官僚たちが会ってきた。
今回は、全てトップが2人で話し合った。
これは今までに1回もなかったことです。

ひろみ/はい。

ミキオ/しかもトランプさんは、あと3年大統領の期間が残ってる。

ひろみ/ええ。

ミキオ/金正恩さんはまだまだ残ってるけど、まだまだってあの人は永久かもしれないけど、3年もあいてる間、中間選挙前にこれをやるっていうのは勇気いりますよね。

ひろみ/そうですよね。
左右しますから。

ミキオ/失敗したら終わっちゃうから。

ひろみ/そうですよね。

ミキオ/そう。
今までの大統領は、全て4年目のもう少しで終わるよっていうときにやってるんですよ。
だからそういう意味では、私はトランプさんは勇気のある対応だったと思うよ。
だから、そういうふうな意味においては、まさに新しいスタートができたというようなことには、私は感激をしていると。
ネガティブに言う人はいるよね、どこの世の中でもね。

ひろみ/まあ、そうですね。

ミキオ/だけどプロセスはこれからだから。
この4項目のプロセスは、これからなんですよ、プロセスは。

ひろみ/うん。

ミキオ/これが大事なんですよね。
それをしっかりと見ていかなければいけないと、僕らは思ってますから、急に何もかもがあの会談で解決するんじゃなくて、もう一回お会いになるだろう。
また会うでしょう。
しかしその前に、国務長官とかいろんな人たちが、またこの包括的な合意文書を元につめてって、また会うと。
この次は、平和協定やりましょうっていう話になるだろうし。
どんどんどんどん、前向きに物事が進んでいくと思いますから、それを期待していきましょう。

ひろみ/きのうで全部ってわけではないわけですからね。
これから、じゃあ段階的なものがあるというふうに期待を持って、見て、見守っていくことが大切なことですね。

ミキオ/そうです。
その次は、やっぱり日本の対応がどうあるべきかだね。

ひろみ/そうですね、気になるとこですね。

ミキオ/きのうは、拉致問題話しましたということでありましたが、拉致問題が話してましたといっても、それもまだまだ具体的にはなってない。
しかし、拉致問題を話したということは、拉致を聞いてやれよ、拉致を相談してやれよ、拉致をカイダンしてやれよというようなことを言って、金正恩さんはノーとは言わなかったということだから、さあそれからがどういうふうにまとめていくかだね。
これもスタート。

ひろみ/ここからですね、ええ。

ミキオ/そう、こっからスタート。
それをきちっとやっていかなきゃいけない。
だから、きのうトランプさんが安倍さんに電話してそのことの説明したと思うよ。
多くはしゃべれないはずだけども、拉致問題を話したら、拉致問題も話し合おうということは言って、解決したと言うなというようなことになったんではないかな。

ひろみ/やはりそういう報告はあったと思いますね。
まだ表に出ていない分でも、何かあったんではないかと。

ミキオ/そう、これが大事だと思います。

ひろみ/では、ここで1曲お届けいたしましょう。
SPLASHで「世界がひとつになるまで」

♪ SPLASH/世界がひとつになるまで ♪

米朝首脳会談から期待できること

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、お届けしております。
さてミキオさん、この米朝首脳会談、これからの期待するところという今お話を伺ってるんですけども。

ミキオ/私がいつも申し上げている、これで沖縄における米軍の役割っていうのは小さくなる。
さっきも言ったように、米韓演習をやめると大統領が言うんですよね。

ひろみ/はい。

ミキオ/お金がかかりすぎるという話をしたわけですよ。
だからイージスアショアを買うと、そういうのをやってもまた2000、3000億円かかる。
パトリオットのミサイルを買って配備をすると言っても、また何百億円かかる。
これ全ては何かといったら、朝鮮から、北朝鮮からのミサイルが来るということが根拠になってこれを買ってるわけですよ。

ひろみ/はい。

ミキオ/これが何千億円というお金になってるわけよね。
ということを考えると、沖縄の基地の負担軽減もあるし、そして防衛予算も大幅に見直しされるわけ。

ひろみ/うーん。

ミキオ/それでトランプさんが言っているように、アメリカは膨大なお金を日本にも韓国にも出してると。
この前も予算委員会で私が言っているように、日本にあるアメリカの装備の資産は6兆円ありますよ。

ひろみ/6兆円、はい。

ミキオ/維持費それと軍隊の給料、そういうのでみんなで4000億近くありますよ。

ひろみ/うーん。

ミキオ/毎年よ。

ひろみ/毎年ですか。

ミキオ/そう。

ひろみ/あー。

ミキオ/6兆円の資産とそれを運営するための給料とか維持費は、ジェット機が飛んでも100万円かかるからね。
行って帰ってくるだけでも。
訓練するだけでも。
これが4000億以上あるわけだから。

ひろみ/すごい金額ですよね。

ミキオ/これアメリカが払ってるだけの話であって、日本が思いやり予算って3000億払っても、そのうちの6割は働いている人たちの給料ですから、日本人の。

ひろみ/うーん。

ミキオ/アメリカ国民はまるまる払ってるわけよね。
それをトランプは、重いと言ってるわけさ。
というようなことになってくると、どうなるかっていうと、大きくこういうふうな軍事の見直しが始まってくるわけですよ。
この前、F15が墜落しましたね。

ひろみ/そうですね、はい。

ミキオ/墜落しました。
これもやっぱり、さまざまな問題がありますよ。
オスプレイの墜落が2回起こっていたりして、そういうふうな中でまたF15の墜落になったと。

ひろみ/ええ。

ミキオ/もうアメリカは、やっぱり管理能力が薄れてるんだよね。

ひろみ/そう思われても仕方ないですね。

ミキオ/そこはやっぱりいろんなところで経費が削られているんでしょう。
今までと違って。
パイロットの訓練をする時間が短くなったり、あのパイロットが1人飛ぶだけでも、相当なお金がかかるわけですよ。

ひろみ/はい。

ミキオ/このF15が落ちてなくなっただけでも、F15って1機300億円ぐらいしますから。

ひろみ/えー。

ミキオ/というようなことなどからしても、アメリカの質の低下をもう一回やり直すには、世界中に広げたアメリカのネットワークを1回縮めて、効率のいいものにしていかなきゃいけない。

ひろみ/縮小が始まるかもしれませんね。

ミキオ/いや、もう始まりますね。

ひろみ/あー。

ミキオ/これ始まります。
始まらないと思ってる人のほうがおかしい。

ひろみ/うーん。

ミキオ/というようなことを、やっぱりもう一回私たちは次のステップとして考えなきゃいけない。

ひろみ/なるほど。

ミキオ/だから事故を起こすなというようなものではなくて、この縮小のプランを、枠組を、朝鮮半島が平和になったという枠組の中からつくりだしていくというようなものにどうするか。
そして、在沖米軍が全てなくなるわけじゃないけど、自衛隊とのベストミックスによって縮小しながら形を整える。
那覇空港にいる航空自衛隊が全て嘉手納に入るとか。
そして、嘉手納の米軍がある一定の規模、縮小していくとか。

ひろみ/うん。

ミキオ/ホワイトビーチにいる潜水艦とか駆逐艦とかというものを、那覇軍港に1回移しておくとか。
そういうふうなことを初めとして、やっていかなければいけない。
私が昔言っていた嘉手納統合なんて、ほんとにそれの先駆けだよね。

ひろみ/そうですね。
かなり4年、5年ぐらい前ですけれども、早かったですね。

ミキオ/いつも早いのよ、私の言い分は。

ひろみ/先見の明があるという。

ミキオ/そういうことを今から動いていくということ。
だから、事故を単発で見るんじゃなくて、今大きく見ながら事故のない沖縄をつくるという、そういう考え方になっていく時期が来たかなと思います。

ひろみ/ここで1曲お届けしましょう。
マイケル・ジャクソンで「Heal The World」

♪ マイケル・ジャクソン/Heal The World ♪

動物殺処分ゼロ

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、お届けしております。
さて、動物殺処分ゼロ、この話題も伺っていかなきゃいけません。

ミキオ/私はこれどうしてもやらなきゃいけないと思うんで、18日に広島を見に行きます。
ピースワンコ・ジャパン。
これ素晴らしい施設ですね。
これをちょっと目指してみようかなと思ってるんですよね。

ひろみ/どういう施設なんですか。

ミキオ/これ、イヌ、ネコ、殺処分されそうなものをこの施設に連れてきて、イヌの再生をする。

ひろみ/おー。

ミキオ/まず心のケアをして、里親制度にすぐするだけではなくて、災害救助犬にするとか、介護犬にするとか、そういうふうなことをきちっとやっていくのと、里親を探していくというようなことをやっていこうという施設が、素晴らしい施設があるんですよ。

ひろみ/素晴らしいですね。

ミキオ/これをちょっと18日に見てきます。

ひろみ/期待したいと思います。

ミキオ/次のラジオでは、ちょっと報告できるのかなと思っていますね。

ひろみ/ぜひ。

ミキオ/保護されたイヌってのは、やっぱり心も体も全部傷ついていますから、それを1回ケアして、そしてただ里親に渡すだけではなくて社会に貢献できるように、災害犬とか、警察犬とか、介護犬とか、盲導犬とか。
そういうのに向いたイヌたちは、その方向でまたやるというようなことをやりたいんですよね。

ひろみ/これは期待ですね。
ほんとに。

ミキオ/それで、今これをやれば何て言うの。
何か役割がふえると思うんだよね。
助けてあげたじゃないんですよ。
この人たちには役割があるから、この人たちっちゅうか、イヌ、ネコには役割があるから、助けなきゃいけないという発想に変えなきゃいけないと思うんだな。

ひろみ/あー、それは大切ですね。

ミキオ/そうそう、そうそう。
だから何か役割があるんだよと、生きるものには全て役割がある。
それを今、私たちはペットとして人間が一番欲しがってるわけよね。
それが悲惨なことに、ちょっと自分の立場が、環境が変わったら捨てちゃうという人がいる。
しかし、彼らはその役割が失われたわけじゃないわけさ。
悪いのは、この捨てた人間たちのほうが悪いんだよ。

ひろみ/うーん、まさに。

ミキオ/だからそこをしっかり受けとめて、この子どもたちにもう一回役割果たさせるというような感じをやる施設なんで。
だから助けるというだけじゃなくて、ポジティブにもう一回つくり上げていくようなね。
そういうようなものを、ちょっとやってみたいなというふうに思いまして。

ひろみ/この広島の施設の視察、来週とても期待したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

ミキオ/もう本村ひろみさんも我が事務所に来て、拾ってきたかゆ子の存在感って大きいでしょ。

ひろみ/かゆ子課長、癒やされますね。
大人気です、Instagramでも。

ミキオ/もう大体、あの事務所をのびのびと歩いて、何か仕事の監視をしてるみたいだよ。

ひろみ/もうコピー機の上で、いつもチェックしてますからね、かゆ子課長が。

ミキオ/そういうふうな雰囲気が彼らにはあるんですよ。
ネコにも、イヌにも。

ひろみ/使命を与えたという感じしますね。

ミキオ/そうそうそう。
そこが、殺処分ゼロを私がやりたい最大の理由なんで、必ずこれ12月までにオープンしたいと思っています。

ひろみ/期待したいと思います。
ではここで1曲…。

ミキオ/もう県とかさ、県とか国とかにもう任せていたら遅い。

ひろみ/そうですね。

ミキオ/だって、みんなだけど市長選挙になったり、県知事選挙になったら殺処分ゼロって公約あげてるよ。

ひろみ/おっしゃいますよね、ほんとに。

ミキオ/やらないんだから。
体育館をつくることはあっても、これやらないんだからな。
もう俺はそれがおかしいと言ってる。

ひろみ/はい。

ミキオ/わかりました。
それでいきましょう。

ひろみ/ぜひ進めていただきたいと思います。
クリスタルズで「クリスタルチルドレン」

♪ クリスタルズ/クリスタルチルドレン ♪

東京でのパーティーとバス旅行

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、お届けしております。
さて、先週は東京でも大変賑やかなパーティーが開催されたということで。

ミキオ/もう、皆さんのおかげで成功してよかったですね。

ひろみ/はい。

ミキオ/1000人来てくれましたよ。

ひろみ/すごい人数ですね。

ミキオ/いやもう、ほんとにありがたかったです。
また、亀井静香先生、6年ぶりに僕のパーティーに来てくれて。

ひろみ/6年ぶりだったんですか。

ミキオ/もうああやって、政治的な消費税でけんか別れをしてから。
けんかじゃないね。
亀井先生に失礼をしてから、ほんとに6年ぶりに来てくれて一番嬉しかったですね。

ひろみ/うーん。

ミキオ/また、菅官房長官も来てくれたし、塩崎、前の厚労大臣も来てくれたし、加藤厚労大臣の現職の大臣も来てくれたし、また森山国対委員長も来てくれたし、山口自民党組織委員長も来てくれてる。
何か、自民党の集まりかのような感じですね。

ひろみ/いや、華やかな。

ミキオ/そう。
ただ、亀井さんとか鈴木宗男さんという、私が尊敬する人たちはもちろんで、残りのメンバー全部同期。
塩崎さん除いてね。
だから国会議員っていうのは、そのときに平成8年に僕ら入ったんだけど、この同期で入った仲間っていうのの絆は強いよね。

ひろみ/あー。

ミキオ/年齢は違うんだけど、同期なんですよね。

ひろみ/うーん。

ミキオ/いいパーティーでしたよ。
自分で言うのも何だけど。
もうほんとに最高でしたね。

ひろみ/よかったですね。

ミキオ/あれだけのメンバーが来てくれて、あれだけの人たちが来てくれて、最後まで。
あと最後は、私の国民新党時代の番記者なんかとか、メンバーとまたどんちゃん騒ぎをして飲んで、楽しい時間を過ごしました。
来年もやります。
そのあとまた、名古屋まで、静岡行って名古屋までバス旅行100名。

ひろみ/バス旅行も。

ミキオ/そこも、このバス旅行も全て下地ミキオがガイド務めますから。

ひろみ/すごいですね。

ミキオ/2日間で13時間立ちっぱなしでしゃべってます。

ひろみ/素晴らしい。

ミキオ/13時間***、ひろみさん。

ひろみ/大変ですよ。
13時間もしゃべってられないですよ。

ミキオ/いや面白かったよ、だけど。
もう最高だったね。
1個だけ面白い話して終わりますけど。
2つ面白い話があって、1つは菅官房長官が選挙が弱いとかって言ってたら、もう一人もそういうこと言ったやつがいたら、そしたら自分たちで対抗馬立てていじめてるくせに、そういうなってヤリ(?)が飛んだら、みんな笑ってましたね。

ひろみ/それは面白いですね。

ミキオ/これが1点、面白いことよ。
バス旅行で面白かったのは、私のだんな様っていう歌があるわけよ。
この歌を志緒が歌ったわけ、家内が。
そしたらこれ、点数が出るんですよ。
前の人たちが歌ってるときは、89点とか87点とかって出てるわけさ。
うちの志緒が歌って、志緒が歌ったときに替え歌にしたわけさ。
私の大事なだんな様っていうのを、私の大事なミキオさんってみたいにして。

ひろみ/いいですね。

ミキオ/いいですね。
歌ったわけさ、1番から3番まで。
終わった後、タラタラタラタラ~っとなって点数が出たら、3点だった。

ひろみ/これ笑っちゃいけないんですよ。
いやー。

ミキオ/そうしたらその後、私の知り合いの女性局の幹部がね、あのカラオケは嘘発見器ですかって言うわけよね。
私の大事なミキオ様という言葉が、あれが嘘発見。
真面目にですよ、あのカラオケはカラオケと嘘発見器と両方備えてるんですか、ミキオさんっていう感じでもう爆笑して。
これ面白いでしょ。

ひろみ/貴重な3点ですね。

ミキオ/いやー、3点面白かったな。
そういうことでした。

ひろみ/楽しい旅で、いいなと思います。
東京でのパーティーの話もすごく楽しかったです。
東京の風を感じている今を、沖縄の若者がその事務所のほうに秘書として密着されているということで、ちょっとお名前を自己紹介していただいていいですか。

密着!秘書体験

新垣/こんにちは。
沖縄は名護市から、新垣康大(あらかきこうだい)でございます。
よろしくお願いします。

ひろみ/新垣さん、よろしくお願いします。

ミキオ/名護市長選挙のときに活躍してて。

新垣/いえいえ、ありがとうございます。

ミキオ/なかなか面白いなと思っていたら、卒業して今就職して、就職先の社長からご理解いただいて、3日間東京に研修に来てます。
はい、研修の内容について話してください。

新垣/ありがとうございます。
3泊4日貴重な時間をいただいて、なんと国会のほうで下地代議士の秘書として密着して、今写真ばしばしとか撮ってますけど、大丈夫ですかね。
代議士、どうですか。

ミキオ/いや、大丈夫なわけないじゃないか。
1日、2日で大丈夫なわけないだろう。
写真撮る、記念撮影するのが好きらしいよ、これ。

新垣/いやいやいや。

ミキオ/何か残すというかね。

ひろみ/ええ。

ミキオ/俺に怒られたときの、お前写真撮りに来たのか、秘書の仕事してるか、はっきりしろって怒られてるよ。
確かにいい経験だよな。

新垣/ありがたいです。

ひろみ/貴重ですよ。

ミキオ/ここでやってればね。
どうですか。

新垣/いやもうほんとにいろんな経験させていただいて、代議士の仕事、国会議員の仕事を間近で見れてるので、ほんとに将来につながるなと。
ありがとうございます、ほんとに。

ミキオ/真面目にやってるでしょ、国会議員。

新垣/真面目ですね。
代議士。

ミキオ/そりゃ真面目ですよ。
みんな真面目かどうか聞いてみてごらん。

新垣/いろいろ事務所周りながら。

ひろみ/康大君、将来はもうここで今仕事をしたくなるんじゃないですか。
国会***。

新垣/そうですね。
もうすぐにでも、社長にお願いして来週からまた。
大丈夫ですか、代議士のほうも。
ぜひ。

ミキオ/いや、お前恐ろしいこと言ってるね。
だけど、将来政治家になりたいって言ってるからね。

新垣/はい。

ひろみ/やはり。

ミキオ/今政治家になる人が少なくなってるから。

新垣/へー。

ミキオ/政治家になりたいというのが、言ってくれるだけでも嬉しいですよ。

ひろみ/ぜひ感想などもね、聞いていきたいんですけど。
今、まだ3日目、2日目ですか?
一緒にいて。

新垣/きょう、今3日目に。

ミキオ/2日目だろ。

新垣/2日目ですね。

ひろみ/2日目。
具体的に、こう何をされているんですか。

新垣/朝は、代議士のお迎えからまず始まって、事務所に着いたら朝会とか、あとは代議士が本会議に行っている間は、秘書の方々からいろいろ作業を学んだり。
ほかの方々の、よそに事務所にも行ったりとかしていろいろ、東京パーティーもありましたから。
やっぱり、普段できない経験をずっと、ずっとやっています。

ひろみ/貴重な経験ですよね。

ミキオ/そうですよ。

新垣/はい、もう自分が一番楽しんでいるんじゃないかなと。
これを皆さんに伝えられたらいいんですけどね。

ひろみ/国会に行って、一番驚いたこと何ですか。
ミキオさんの側で。

新垣/国会って、やっぱり代議士が合間、合間の隙間時間でどんどんどんどんお仕事が入ってくるというのを、またそれをずっとこなして、代議士もそれに対応する、秘書の方々も周りで支えてこうやってスケジュールをどんどん組み立てていく。
もうその日、その日で1日のスケジュール変わっていくので、それに対応している代議士と秘書の姿、一番勉強になりますね。
こういうふうに1日回ってるんだって。

ひろみ/そういうのは、何かで発信しているんですか、康大さんは。

新垣/そうですね。
今僕のInstagramやFacebookなどなど、SNSですね。
今、下地代議士のミキオポストのSNSでもInstagramとつながってますので、そこのほうで随時、随時発信していけたらなと思っています。

ひろみ/リアルなミキオさんの横顔を、ぜひレポートしてくださいね。

新垣/そうですね。
ぜひぜひ、また最後まで頑張っていきます。

ひろみ/国会は立法の府と言われてるんですけど、国会議員の仕事を見て最後にですね、どんな感想を抱いたかというのを教えてください。

新垣/そうですね、やっぱり常にこの問題点にどうするかっていうのは、この中で例えば米朝首脳会議もあって、国会の動きも変わってきたり、これからどういう方向に進めていくかという方向も変わってくるので、随時それに対応しながら次はこういう手で打っていこう、次はこういうことを考えていこうというふうに、ほんとに近い未来ではなくて、また5年後、10年後とか、そういうのに向けて、何て言うんですかね。
常に頭を回転させながら国をよくする方向に頑張っていく姿を、代議士のそばで学んでいます。

ひろみ/すごいですね。
回転がずっと早くないといけないですね。
頭の回転ね。

新垣/そうですね。

ミキオ/きのうさ、マハティールさんってマレーシアの首相が来ていたんですよ。

ひろみ/ええ。

ミキオ/92歳。
質問して、何でこんなに元気ですかって質問があったら、まず太らないことって。

ひろみ/そうですか。

ミキオ/もうびくっと来て、太ったらやっぱり心臓に血を送るときに負担がかかるから、太らないこと。
太らないためにはどうするかと言ったら、おいしいものを我慢できる能力がないとだめ。

ひろみ/うーん、すごいですね。

ミキオ/説得力あるでしょ。

ひろみ/説得力ありますね。

ミキオ/その後何て言ったと思う?

ひろみ/何ておっしゃった?

ミキオ/もう一つ、休まないことだって。

ひろみ/休まない。

ミキオ/うん。
休んだら、筋力が衰えるって。
休んだら、脳が衰えるって。
だから、仕事をして休まないことが健康の秘訣だって言ってましたね。

ひろみ/これは新垣君もメモしていたほうがいいですね。

新垣/これはもうそうですね。
すぐメモします。

ミキオ/面白いよね。

ひろみ/面白いです。

ミキオ/面白い。
92歳の方がそう言うんだもん。
30年前のズボンが入るんですよって言ってきて。

ひろみ/それもすごいですね。
でも、休まないっていうのはぴったりミキオさんもあってると思いますので。
その背中を見たいと思います。
お話を伺いましたのは、密着取材をされている新垣康大君でした。
ありがとうございました。

新垣/ありがとうございました。

ミキオ/最後にひと言。

新垣/しっかり政治家に向けて代議士のもとで頑張って、僕も地元のために頑張っていきますので、応援よろしくお願いいたします。

ミキオ/こうやって政治やりたいっていう人がいると嬉しいよね。

ひろみ/いいね、頑張ってくださいね。

ミキオ/本村ひろみさんもどうですか、政治家。

ひろみ/応援しておりまーす。
では、ここで1曲お届けしましょう。
桑田佳祐とMr.Childrenで「奇跡の地球(ほし)」

♪ 桑田佳祐&Mr.Children/奇跡の地球 ♪

エンディング

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、お届けしております。
あっという間のお時間です。
短いですがミキオさん、ラジオをお聞きの皆さんに元気の出るお話をお願いします。

ミキオ/もう今週は米朝首脳会談ですよ。
この歴史的な会談がどういうプロセスを含んで(?)、結果の出る会談になっていくかということを注視していかなきゃいけないけど、スタートがきれたというのは最高です。
そのスタートを、私たちは本気で喜んで育てようという気持ちになんなきゃいけない。
あれがだめだ、これがだめだではだめですね。
だから、そういう意味でも、私は今回の米朝首脳会談、アメリカの大統領と北朝鮮の金正恩指導者が会ったというようなことは、ほんとにこの国にとっても、この国っていうの、日本にとってもほんとの大きな出来事だったと。
それが、私たちの沖縄にも影響するし、防衛予算にも影響するし、アジア全体にも影響するよというようなことをしっかりと認識をして、私たちは対応していかないといけない。
育てていかなければいけないということを、改めて申し上げておきたいと思いますね。

ひろみ/この関係を育てていく。
いいキーワードですね。

ミキオ/そうです。

ひろみ/あっという間のお時間でした。
ミキオポスト OnRadio、ご案内は本村ひろみでした。
そしてメインパーソナリティは。

ミキオ/下地ミキオでした。
ありがとうございました。