維新は地域に寄り添う

今日大阪で参院選にむけての記者会見を行いました。

今回、維新は非常に面白い「枠組み」を作りました。

地域政党“減税日本”、“神奈川力”、“あたらしい党”、そして、茨城県那珂市長を2期務めた海野候補など、“地域に一番近い地域政党”と、維新がチームを組んで、ともに頑張るという構図であります。

これまでのような候補者選出ではなく、「地域政党の代表が、維新から出馬する」というのは、今までになかった形です。
このスタイルで参院選を戦うことは、画期的なものになると思います。

また同時に、「全国比例」とは言いながらも、選挙区立候補者と全国比例の立候補者が「東京は、東京を中心に」「神奈川は、神奈川を中心に」、そして、「愛知は、愛知を中心に」選挙活動を行うという、いわば“ニコイチ”のパッケージ選挙を新たにスタートすることとなりました。

地域にいちばん近い政党は維新だ」と評価されるよう、頑張ってまいります。
松井代表も今日の会見において「政策、理念、志が一緒ならば戦える」と発言しておりました。
その輪が広げるための努力を、あと2つ、試していきたいと思っております。