15.9兆円

本日の安保委員会にて、選対本部長になって以来、久しぶりの質疑を行いました。

防衛大綱について質疑を行いましたが、いま、我が国に置かれている在日米軍の軍事資産は「15.9兆円」であります。

これによって日本の安全が守られているといっても過言ではありません。

次期中期防衛力整備計画(中期防)の予算総額は「27兆円」ですが、この予算のなか「15.9兆円」もの在日米軍資産はそのままにされ、軽減されることは検討されておりません。
日本の装備が充実すれば、米国の軍事資産を減少させていく。
そのような発想がなければ、沖縄の基地負担軽減も実現しません。
岩屋防衛大臣からの答弁は、全てに決して納得のいくものではありませんが、私が示した15.9兆円もの在日米軍資産については、委員たちも少なからず驚いていたようです。
浦添市当山の浦西中テニスコートへの落下物については、米軍の航空機は学校上空を飛ばないことを大臣から文書として米軍に提案すべきだと申し上げました。

基地問題は本当に難しいですが、木を見て森を見ず、ではなく、大きな森をどうするか、大局に立って考える必要があると思います。