当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
2016.12.8放送分「ミキオさんアメリカへ/パールハーバー記念式典に出席」etc… - ミキオポスト | 衆議院議員下地ミキオオフィシャルサイト

MENU

ラジオアーカイブ

2016年12月08日

2016.12.8放送分「ミキオさんアメリカへ/パールハーバー記念式典に出席」etc…

日時:平成28年12月8日(木) 20:00-20:57 場所:FM21

【オープニング】

ひろみ/12月8日木曜日、街はクリスマスムードといいたいですが、気温がまだそんなに寒いというほどではないですよね。

ちょっとずつひんやりしてきました。

ラジオお聞きの皆さんのもとはいかがでしょうか。

こんばんは、本村ひろみです。

この時間から、ミキオポスト OnRadio番組のスタートです。

メインパーソナリティの下地ミキオさんですが、Facebookでフォローしていただいている皆さんはお気づきでしょうが、今ちょうど海外、アメリカのほうから渡って、ハワイのほうへ行かれておりまして、きょうはこのあと、生中継でハワイにいらっしゃるミキオさんとお電話をつないで、番組を1時間続けていきたいと思っています。

以前にも一度アメリカにいらっしゃるときに電話をつないで、とてもハラハラドキドキとスタッフはしていましたが、ミキオさんのほうはのんびりと、こちらは朝ですとレポートしてくださっておりましたので、今回のハワイは、多分時間でいうと真夜中だと思いますが、起きていると嬉しいですね。

スタッフが後ろで、一生懸命電話をつなごうと頑張っております。

ミキオポスト OnRadio、この番組は、北部地域はFMもとぶ、中部地域はFM21、南部地域はFMレキオ、そしてFMくめじまの4局ネットでお届けしています。

またインターネットでは世界中に配信をしております。

ぜひ、皆さん、インターネット、パソコンからもご覧になってください。

そして文字情報も配信しています。

リアルタイムの文字情報、ぜひ、サイト、ミキオポストのトップページからご覧ください。

ちょうどこのFM21のスタジオは、大きなガラス張りになっていて、外の夜景がクリスマスのイルミネーションがキラキラしております。

スタジオの中も、ポインセチアの飾り付けがされていて、ホットな気分になるスタジオです。

そんなスタジオから1曲お届けします。

この曲を選んだということは、後ほどご紹介しましょう。

Beatlesで、In My Life。

♪ Beatles/In My Life ♪

ひろみ/ミキオポスト OnRadioお届けしております。

ちょうど8時スタートで、この番組は9時までの1時間の生放送なんですが、今週は下地ミキオさんがアメリカのほうにいらっしゃってるということで、その話題をお電話をつないで、中継してお届けしていきたいと思っているのですが、生放送ですので、なかなかこれがつながったり、つながらなかったりがあるわけです。

今、そのつながらないほうです。

今スタッフが頑張って連絡をとっていますが、前回はアメリカにお電話をつないだら、ちょうど明け方で、ジョギングを終えてホテルに戻ったミキオさんと約50分お話しして、今回はアメリカ、メインランドのほうからワシントン、そのあとサンフランシスコを経て、ハワイにミキオさん入っています。

ご存じのようにハワイといえば、ちょうどパールハーバーの75周年の慰霊祭が行われたということで、慰霊祭に参加されていらっしゃる、終わったあとなのかな。

ハワイはお時間は夜の12時ということですから、式典がにぎやかに終わって、今やっとホテルに戻った時間かと思うんですが、スタッフさんどうですか。

まだつながらないと言っております。

下地ミキオさんのFacebook、フォローしてくださっていると、今Facebookライブでミキオさんがずっとアメリカからのリアルタイム情報を届けてくださっているんですね。

例えば、出発前にこれから行ってきますということで、ホテルの部屋からミキオさんが投稿していて、今アメリカといいますと、次期新大統領のトランプさんの話題もあるので、私の中では、もしかしたらトランプさんに会うのかしらと内心思っていましたが、今回はいろいろと会う方も決まっていらっしゃったようで、ご自分の口からその話は聞きたいのですが、ワシントン・ポストの社長に会ったり、議員の方に会ったりと、かなりワシントンでも充実した日程をこなして、ハワイに入っているみたいです。

とっても私が気になった映像がありまして、ちょうどアメリカ議会関係者との会談を終えて、ミキオさんが車で移動している動画ですが、なんと、オバマ大統領の車列に遭遇したと。

それをリアルタイムでミキオさんが動画撮影して、投稿しておりまして、本当に車がすれ違っただけですが、めったにないことだと思うんですよ。

ミキオさん自身もワシントンの訪問は27回目にして、初めての経験ですと、興奮気味に動画をとって、それを投稿していて、ちょっと観光客気分なんですが、車列が3台ぐらい、大きな黒い車で、多分特殊車ですよね。

それでオバマさんが移動している、その遭遇したっていう動画も投稿されていました。

もし、今、手元にパソコンとか、スマートフォンがあって、Facebookにつながる環境でありましたが、下地ミキオさんのサイト、ぜひフォローしてご覧になってください。

このごろは、Facebookライブをこまめに行っておりまして、情報も独特でおもしろいレポートをされておりますので、ごらんになってください。

今、一生懸命スタッフが頑張っていますが、まだちょっと連絡とれておりませんので、私のほうで一人ゆんたくでもしてみましょうかね。

12月8日で、さっき1曲目にお届けしたのが、BeatlesのIn My Lifeという曲でした。

Beatlesではっと気づいた方は、これはディレクターがいろいろ考えて選曲したんだろうなとお思いかと思うのですが、なんと偶然だったということで、きょう12月8日は、ジョン・レノンの命日なんですね。

大ファンの方多いので、それできょうはBeatlesナンバーがかかったり、ジョン・レノンさんのImagineとかが流れていますが、In My Life、なかなかしぶい選曲をしています。

さていかがでしょう。

もう少し時間が必要なので、ぜひラジオをお聞きの皆さんもメールでこの番組にメッセージをお寄せください。

もし今、リアルタイムで届けてくれると、私がとてもほっとします。

アドレスを申し上げます。

ミキオポストは、mikiopost@gmail.com、以上です。

メールアドレスもお待ちしております。

メールもどんどん送ってください。

それでは、ここで1曲お届けします。

クリスマスらしいナンバーをお届けしましょう。

綾戸智恵さんで、アメイジング・グレイス。

♪ 綾戸智恵/アメイジング・グレイス ♪

【パールハーバー記念式典に出席】

ひろみ/いやー、この季節にこの名曲を聞くと、胸にズシンときますね。

綾戸智恵さんのアメイジング・グレイスをお届けしました。

さて、ラジオお聞きの皆さんに、もしかすると、Facebookライブ、まだ見たことない、下地ミキオさんが話しているのきいたことがない方もいらっしゃるかもしれません。

きょうは、ちょっとご紹介しましょう。

ミキオさんのライブのちょうど12月5日月曜日、出発の朝のミキオさんのトークをお聞きいただきます。

ミキオ/皆さん、おはようございます。

きょうから、金曜日までの日程で、ワシントンとハワイを訪問します。

しっかりと国会の了解をいただきながら、この時期、ワシントンとハワイに行くことは、新しい新政権の中で、しっかりと日本との関係、トランプ新大統領ができたらどういう変化が起こるか、党の代表として、しっかり見ていきたいと思っています。

日本維新の会は、5年後を目処に、政権をとると力強くうったえて、100本の法案を出して、党の骨格も出させていただいております。

しかし、やはり政権を取る以上は、外交政策がなければだめです。

そういう意味でもきょうは、清水外交部会長と共々に、ワシントンでいろいろな方にあって、これからの日米同盟の姿をしっかりみたいと思いますのでよろしくお願いします。

その後ハワイに渡りまして、7日にハワイで75周年のパールハーバーの祈念式典があります。

そこに参加をさせていただくことになっております。

日本の党の代表として出るのは、私どもの党が初めてじゃないかと思いますが、私は日米同盟の心の姿をつくるにはアメリカ歴代大統領は、必ず長崎、広島を訪れて、二度と原爆を使わない、核のない世界をつくることを約束していく。

そして、日本の総理大臣は、パールハーバーを訪れて、二度と戦争のないような環境をつくる、戦争にはお互いいろんな言い分があると思います。

しかし、それがいかに悲劇を生んだかということを、私たちは教訓にしながら、たえず両方の式典、戦争が始まる原点となったパールハーバー、悲惨な状況が起こった長崎、広島の原爆、こういうものに私たちはたえず、心を寄せながら平和をつくっていくことをやっていきたいと思っています。

私は、できたらもう、この75周年、アメリカは25年、50年、75周年、100年と25年きざみで大きなものをやりますが、どうしても安倍総理がパールハーバーを訪れて、それで平和を誓うということを、ぜひやってもらいたいと思って、ことしやるのと来年やるのとでは全然違う。

ことし、オバマ大統領もクリスマスはよくハワイで過ごされるということでありますが、今までの8年間のおつきあいの中を、最後の会談をハワイで、それに伴ってパールハーバーを訪問することができればと思っています。

そういう意味も含めながら、今回は私どもがそれに参加したいと思っています。

きのう、沖縄に副大臣来られて、高江の問題いろいろありますが、北部の訓練場があれだけ大きく還ってくるのは、私は高く評価すべきだと思います。

だから、はっきりと明確にこの土地が還ってくることは大事なことだと言う。

そういう意味で、高江のヘリパッドがつくられるのは致し方ないということは申し上げませんが、できればつくらないほうがいいかもしれないが、しかし今の訓練の環境からすると、私はこれだけの土地、面積が還ってくることが最優先されるべきだと思っております。

そして私たちがずっと主張している馬毛島を活用し、シュワブの中の陸上案を活用すべきは、高江のヘリパッドもそう必要なくなってくるというふうになりますから、先に先に提案していくことが、私たちにとって大事なことなので、基地問題はアメリカ政府に任せる、基地問題は日本政府に任せる、それを私たちは考え方をかえて、基地問題は沖縄の人が提案していくというやり方にしていかないと、本当の解決策は出てこないと思っています。

そういう意味でもこれからしっかりとした方向性を示して、結論をつくっていくことにしていきたいです。

宮古島の市長選挙も、私にとって大きな課題です。

乱立をしていますが、最終的に近いうちに、そのことについても結論を出さないといけないと思います。

私は、この4人の中から選択肢をすることは、自衛隊基地を宮古につくることについて、反対をする人は、絶対に支持することはありません。

しっかりとその部分だけは、今の尖閣の状況からしても、与那国、石垣、宮古においても、自衛隊の役割をしっかりと認める人が、首長になるべきだと思っています。

そのことが最優先の基準として決めていこうと思っています。

政治は必ずジャッジする、そのジャッジがわかりやすいようにする、これが大事なので、そのことをやっていこうと思います。

そのときどき、ワシントンからも、ハワイからも、Facebookライブで皆さんにご報告させていただきますので、ぜひ楽しんでいただきたい。

そして、ご報告が終わったらFacebookに載せますので、またこのとき見れなかった人は、見ていただければなと思いますので、よろしくお願いします。

何か質問はありますか。

ありませんか。

じゃあ、行ってきます。

ひろみ/はい、これが12月5日の朝、ミキオさんがホテルでFacebookライブを投稿したものですが、今ラジオきいている皆さん、お気づきになりましたよね。

ミキオさんは出発前に、オバマ大統領が任期中に、オバマ大統領と安倍総理がパールハーバーを訪れて、1つの長い歴史に区切りをつけてほしいという思いを伝えていました。

なんとこの12月5日午後に記者会見がありまして、ご存じだと思いますが、首相、真珠湾慰霊へと、各新聞大きな見出し、電撃発表になりました。

ミキオさんが総理をうごかしたんじゃないかとみんな言っておりますけど、実際に私たちもTwitterを見てますので、9月5日時点で、ミキオさんは、ツイートで何度もそのことを述べているんです。

真珠湾攻撃から75周年を迎える式典の前に、安倍総理がハワイを訪問し、オバマ大統領と共に、この場所に立つことが大事なことだと思います。

そのことは、アメリカ全土で頑張る日系人の方、ハワイで頑張る日系人の方逹に、大いに勇気を与えることになると思います。

下地幹郎さんのツイッターに出ています。

そして10月に、下地ミキオさんを支える集いという大きな集まり、パーティーがあったんですが、そのときにもミキオさん自ら、ぜひこれは安倍首相が動いてほしいと願いを込めて話しておりました。

12月の記者会見を見たときは、私も一瞬鳥肌でしたが、思いが通じたというか、すごい道のりを、ミキオさんの示唆する動きだったのだなと感じがいたします。

さて、今週はハワイにいらっしゃるミキオさんに、今電話をつないでいる最中ですので、その間に、Facebookライブで出発前の動画をご覧いただきました。

続いては、ワシントンに着いて、ミキオさんが投稿したFacebookライブを、ぜひお聞きいただきましょう。

どうぞ。

ミキオ/皆さん、こんにちは。

私たちは、こんにちは、皆さんはお休み中だと思いますが、起きて私のFacebookライブを見てください。

きのうから、ワシントン来てますが、私の興味は、日米関係がどうなるのか、日露関係がどうなるのか、これが最終的には、日露の交渉においても、日米安保の問題についても影響を及ぼす。

いろんな人と、話を聞きました。

ワシントン・ポストの会長さんとか、ワシントンタイムスの方とか、マスコミに多く聞きましたけど、みんなの答えはわからない。

トランプさんは、よめないというのが答えなのかなと思います。

ただ、読めないけれども期待はしているというようなことが、議会の中においても、今までのオバマさんの8年間と、ちょっと違うよと、いうようなものをつくっていきたいというような、ニュアンスを感じることになりました。

まだまだ任期は続きますが、しっかりと聞いて、皆様に、アメリカの大統領が変わることが、日本にとってどういう影響を及ぼして、日本がどう変わっていかないといけないのかというようなことを、示せるようにしていきたいと思います。

大事なことは、私たちの個性がどこまで出せるかというようなことになってくるのかと思います。

それと、私が、ずっと言ってきた、明日もパールハーバーの式典に出ますけど、安倍総理は行くべきだと、ずっと言ってまいりましたけど、きのう安倍総理が、26、27でハワイを訪れて、パールハーバーを訪問することになりましたので、私たちの考え方が、また、一つ前に進むことになったと思います。

これは、8月にパールハーバーを訪問してから私が感じることは、必ずこれをやることが、心(しん)、心の日米同盟の第一歩になると思っておりますので、またあしたも私たちは清水参議院議員と参加して、また皆さんにご報告したいと思います。

ありがとうございます。

ひろみ/はい、ワシントンから、ミキオさんのFacebookライブの投稿聞いていただきましたが、ちょっと風が強いですが、寒い中で、外での、バックに大きな議事堂ですかね、背景にライブを投稿しておりました。

その日のミキオさんのFacebookの投稿ですが、ちょっと読まさせていただきます。

安倍総理大臣がハワイ訪問を決定しました。

26日、27日の日程で、オバマ大統領と最後の首脳会談を行い、その後、2人でパールハーバーを訪問し、犠牲者の慰霊と、日米両国が過去を乗り越え、平和の誓いを確認することになりました。

このニュースをワシントンに向かう飛行機の中で聞き、鳥肌の立つ思いでした。

安倍総理大臣の決断はすばらしい。

日本維新の会も、私と清水参議院議員を公党としては初めてパールハーバーでの7日の公式慰霊祭に参加させることを松井代表が決めていただいたことに朗報であります。

この安倍総理大臣の決断は、新たな日米関係の扉を開くことになるでしょう。

「真」真実の真でも「深」深いでも「新」新しいでもない「心」心の日米同盟が、日本の総理大臣がパールハーバーを慰霊することで、アメリカ大統領が広島、長崎、沖縄を訪問することで創造することができると提案してきただけに本当に嬉しく思います。

そんなふうに書いてあります。

本当にこの強い思いが叶ったのかないう感じがいたします。

それでは、ここで1曲お届けしましょう。

Faith Hillで、There You’ll Be。

♪ Faith Hill /There You’ll Be ♪

ひろみ/Faith Hillで、There You’ll Beをお届けいたしました。

ミキオポスト OnRadio、今週はアメリカ、今ハワイにいらっしゃる、下地ミキオさんとお電話をつないでお話をお届けする予定ですが、ちょうど12時、深夜ですが、大きな式典の後ということで、まだミキオさんと連絡はつながっていないです。

この番組中に、ぜひ元気な声を聞いて、どんな感じの式典か伺いたいところなんですでど。

今、Facebookで細かくつづっております、レポートを皆さんにお読みしています。

これは、きのうの午後に投稿された、ミキオさんの記事です。

読まさせていただきます。

ワシントンの日程を終えて、サンフランシスコ経由でハワイに向かいます。

ワシントンの日程は多くの識者や議員と意見交換をして、非常に有意義なものでありました。

詳しいことは、日本に帰って、次第に、帰り次第ご報告をさせていただきます。

私の「トランプ新政権はどうなるのか、外交、経済、安全保障において教えてください?」の質問に、多くの方が予測不能と答えております。

特にワシントンポストのライアン会長は「分からない 予想出来ない」を会談の中でも数多く使っていました。

ただ、その意味と答えは国防長官と国務長官を誰にするかが決まれば「予想出来ないと分からない」という言葉は、変わるとも言っていました。

そろそろ国防長官、国務長官お決まる時期ですものね。

下院議員、元国防長官コーエン氏との会談も興味深いものになりました。

また、沖縄の辺野古移設の問題についても私の持論を話す機会も多くあったことで沖縄の今の現状は説明出来たと思います。

沖縄の人々は基地の為に綺麗な海を埋め立てする事には、理解を示さない。新たな違うチャレンジが必要な時期にきている。トランプ政権はそのキックオフにしなければならない、など率直に話をしてまいりました。

決定までの手法を見直し、チャレンジの選択を広げることは間違いないだけに、今後緻密に沖縄側が戦略練るべきだとも感じています。

そんなふうに、ミキオさんつづっております。

それでは、ここで、ちょうど18時間前に投稿されたFacebookライブの様子をお聞きいただきしょう。

ミキオ/皆さん、おはようございます。

これから、75周年のパールハーバーの式典が始まります。

もちろん初めて参加したので、こういう式典に、少し戸惑いを感じていますが、4000人をこえる方々が、きょうは参加なされています。

きょうは、この日、大事な日なので、先ほど知事にもお会いしましたが、ホノルル市長にもお会いしましたが、とにかくこの日がみんなにとって、平和をまた新たに構築していく大事な日になるというような思いを私たちも感じました。

この会場にいるみんなは、もう昔の過去をしっかりと認識して、未来志向で、この日本とアメリカが平和を構築していくことに、みんなが期待をしている、そういう式典のような気がします。

ちょっと、雰囲気見てください。

これから、また新たな、75周年を契機にして、安倍総理も26日には、この場所を訪れます。

本当に、日米同盟の進化、心の進化が始まることを本気で期待して、これからもいろんなことを言い合えるような関係になりたいと思っています。

ひろみ/これが、18時間前、式典の前に投稿されたFacebookライブですが、バックに流れている楽団の音を聞いて、皆さんもお気づきになったと思いますが、映像をごらんになっているかたは、さらにわかると思いますが、とても慰霊祭が、みんなで、あたたかく、どちらかというと華やかに、これから幸せを築いていこうと、そんな、ある意味ハッピーなムードで盛り上がっている映像です。

なんだか、しんみりというよりも75周年、みんなでたたえ合って、これから未来にという感じの映像でした。

ぜひごらんになってください。

そして、式典が終わった後、3時間後、ミキオさん、Facebookライブを投稿しています。

そちらもどうぞお聞きください。

ミキオ/今、パールハーバーでの記念式典が終わりました。

先ほどもFacebookライブでお話ししましたが、初めて参加をしましたけれども、重みのある、感動的なものでした。

アメリカは、25周年、50年、75周年と25周年単位でやるようでありまして、今回の7この5周年は非常に大きな式典でした。

陸海空の亡くなられた方、そして生存者に対する敬意、こういうことをしっかりとはらい、また、平和に対する誓い、私がびっくりしたのは、日本の宗教団体の方々が、ご挨拶していたことにも、非常にびっくりいたしました。

日本の宗教会が、二度と戦争を起こさないようにしていこうという誓いを、あの4000人の前で日本語でやって光景にも、少しびっくりした思いであります。

ハリス太平洋司令官は、日系の方ですが、非常にウィットにきいた、そして迫力のある、挨拶も、軍人をこえた、政治家だなという感じがしました。

きょうの4時にお会いすることになっていますが、その意味でも、この式典で、見たこと、感じたことを、また政府内でも伝えて、26日に安倍総理が来ますが、いろんな人に聞いても、みんなこの訪問は正しい選択だと、こういうことを言っています。

しっかりと私たちも、この安倍総理のパールハーバーの訪問に平和を誓うこの政治行動に敬意を表したいと思っています。

ハワイの日系の方々、多くの方々が、安倍総理が来ていただくことが、新しい日米関係をつくると言っています。

ちょっと今、いっぱいいますので、混乱していますが、非常に感動的だということを、もう一度申し上げて終わります。

ひろみ/はい、ちょうどこれが15時間前に投稿された式典後のミキオさんのFacebookライブでした。

そのあとにいろいろと皆さんにお会いされていて、今、夜の12時になっていると思いますが、なかなか連絡がとれなくて、盛り上がって、話がにぎやかにされていると思います。

ちょうど11時間前に、投稿されたミキオさんの記事を読みましょう。

7時45分から開式となったパールハーバーの75周年慰霊祭に参加をいたしました。

アメリカは、式典は25周年、50周年、75周年と日本と違い25周年ごとに大きく行います。

そして今回のパールハーバーでの慰霊祭は、75周年目を迎えることとなり、4000人を越える多くの方々が集まりました。

パールハーバーで犠牲になられた方々に黙祷から始まり、生き残られた方々のご苦労をたたえ、国のために命を捧げた人々の思いを大事に、平和を願うというストーリでありました。

日本の慰霊祭とは全く違うストーリーだけに、私は少し戸惑いを感じましたが、式典が進むに連れてこんな慰霊祭もあるんだなと感じる事になりました。

私が今回参加をした最大の意義である、日米の「心」の絆を作り上げ、お互いで世界平和のリーダーになる為に両国がしっかりと過去に向き合うことの大事さは、日本の総理大臣がパールハーバーを訪問し、アメリカ大統領が広島、長崎、沖縄を訪問することが大事であると話していた事が間違でなかったことが確認できました。

多くの方がスピーチをしましたが、特にハリス太平洋軍司令官のスピーチは感動的でした。

正しい歴史感と、アメリカ人、祖国への誇りを述べられる姿が、胸が熱くなるものでした。

日本の宗教連合のスピーチが、式次第に入ってることにも、本当にびっくりいたしました。

多くの日本人が努力をしてきたという事を、改めて感じるものになりました。

12月26日、安倍総理がパールハーバーを訪問した時から、新たな日米同盟の「心」の姿が作られることになるでしょう。

これが11時間前に、ミキオさんが書いたレポートになっています。

その感動がとても伝わってくるような内容ですよね。

ちょうど2007年でした、オバマ大統領が1期を当選した年、ちょうど私もこのクリスマスのときにハワイにいたんですね、友達と一緒に。

ハワイでノースショアの近くで、彼女の別荘にいたんですが、そのクリスマスの時期に、ちょうど当選して大統領になったばかりのオバマさんもいらっしゃってるということで、すごくハワイが、沸きに沸いてたことを私も思い出しました。

そのときに彼女の別荘、私の友人の別荘の近くに大きなゴルフ場があって、でもゴルフ場といっても、みんなができる、すごくリーズナブルなゴルフ場で、そこにオバマさんよく来るよなんていう話をしてまして、なんだかあれから何年かたって、ミキオさんの今の話をきいてまして、本当にハワイで、オバマさんと安倍総理が会ってという、未来に結ぶ話を自分のことのように私も今感じましたね。

それではここで1曲、お届けしましょう。

Norah Jonesで、Sunrise 。

♪ Norah Jones/Sunrise ♪

ひろみ/Norah Jonesで、Sunriseをお届けしました。

今地震情報が入っておりまして、8時39分頃、地震がありましたという気象庁の発表なんですね。

震源地は、トカラ列島近海ということで、鹿児島より下、沖縄のちょっと上のほうになるんですね。

震源の深さが約10㎞、地震の規模、マグニチュードは3.2と推定されますときております。

きょうは福島のほうでも、震度3などあったようですので、地震が年末におきますと、お気持ちも落ち込みますよね、地震が多いと怖いですから。

情報はしっかり皆さん、お持ちになっていてくださいね。

あといざというときのための危機管理、自分はどこに行けば大丈夫なんだろうかというのを常日頃、本当に考えてないと、いざというとき動けなくなってしまいますよね。

さて、皆さんにはいろいろとミキオさんの情報をお届けしておりますミキオポスト OnRadio、きょうはもう番組内で、残念ながらミキオさんの生の声、ハワイからお届けすることはもしかすると難しいかもしれませんね。

ここで10月18日に行われました、下地ミキオを支える集い、ミキオの全てから、このパールハーバーの、安倍総理の訪問についての部分を、ちょっと皆さんにお聞きいただきましょう。

ミキオ/この前、私はアメリカのハワイのパールハーバーに行ってきたんです。

僕、なんで日米地位協定がこんなに先進国同士になっても変わらないのかっていうのが、いつも疑問なんです。

アメリカに行ってもどこに行っても、このことについて、話をしても、いや待てみたいな話をするんです。

これは、私の考えでは、仕組みの問題ではないと思うんです。

信頼関係に問題があるんじゃないかと思うんですね。

私はそういう意味でもこの前、オバマさんが広島に来た。

いろんな理屈があるかもしれないけど、あの原発ってのは許せるわけではない。

歴代の大統領は、アメリカで新しい大統領が出てもこれからずっと続いても、必ず日本の広島、長崎を訪問すべき。

こういうような悲劇がないようなことをやる。

70年ぶりにこれは訪問しましたけど、これからは、これをずっとやり続けるかどうかっていうのが、日本がアメリカに対しての信頼をしっかりと持てるかどうかが、根本的なものになる。

アメリカが日本を守る、尖閣を守る、軍事で守る、そういうようなものではない。

歴史の中の1ページを、悲惨なものを、自分たちで反省する能力があることが、軍事で守る以上に、これは日本人の信頼を得られることになる。

じゃあ私たちはどうするか。

これは、パールハーバー、12月にパールハーバーで記念式典がある。

アメリカは25年、50年、75年の式典があるけども、日本人の総理大臣は、あの地に行ってない。

私は行くべきだと言ってるんです。

向こうにいって、戦争の初めのスタートになったパールハーバー、アメリカの大統領がこの広島に来たのと同じように、安倍総理はここにしっかりと行って、平和宣言をすべきだと私は思ってるんです。

今回、このパールハーバーに行ったら、パールハーバーの攻撃を指令をしたのが山本五十六さんですね。

山本五十六さんは、新潟県長岡市の出身なんです。

アメリカは、東京大空襲をしたときに、そのままその飛行機を新潟まで行かして、新潟を空襲を空襲したんですよ。

これは、パールハーバーの指揮した山本五十六の出身地をわざと、わざとっていう表現が悪いけど、空襲したんです。

二千何百人の尊い命がなくなりました。

これがスタートになってるんです。

しかし今、向こうでなにがおこっているかというと、この長岡市とハワイ州が提携して、このパールハーバーの式典のときに、長岡の花火が、3発打ち上げがあるんです。

3発打ち上がって、二度とお互い戦争しないだろうねという、そういうことを今、あそこではやってるんです。

私はそれと同じように、あそこのパールハーバーには、ボーフィンという、対馬丸を沈没させた潜水艦が向こうにいるんです。

75周年、次は100周年です。

100周年になると、なかなか存命のなされている方は少ないと思うけど、私はこの前も対馬丸記念館に行って、お話をしました。

アメリカが許すんだったら、アメリカは自分たちがやられた日だというふうに思ってるけども、あの式典で、この対馬丸財団と、ボーフィンを持っている財団が、平和の式典をする。

アメリカからすると自分たちがやられたということを強調しようとする日に、自分たちがそういう悲劇をやったということを、認めるようなことはなかなかやらないかもしれない。

しかしそれでも、あそこでちゃんと平和の調印式をやったら、世界中にそれが発信されて、私は、また、違う新しいうねりができるんじゃないかと思うんですね。

ひろみ/今のミキオさんが話しているのが、10月の18日ですよ。

そのときにすでにミキオさんの口から、ぜひ、安倍総理はパールハーバーの慰霊祭に出て欲しいという熱い思いを語っておりまして、12月5日の安倍さんの電撃発表が、どれだけミキオさんの胸にこたえたか、皆さん想像に察すると思います。

今の話の中にもありましたように、長岡とハワイ州で花火を上げる、本当にこれが心の絆として、これから平和を誓うという、その願いを込める式典である。

毎年そういうことをおこなっているわけですから、これからはぜひ、本当に日本とアメリカが平和を築くための一歩として、今回の安部総理とオバマさんが会う、パールハーバーでというのが、何かのきっかけになるんじゃないかなというふうに感じますよね。

さて、ミキオポスト OnRadio、あっというまのお時間でした。

なんだかきょうはですね、生でお声を届けられなかったのがとても残念なんですけれども、来週はその分たっぷりと、ミキオさんの熱い、今回のアメリカの旅、ハワイまで行っていかれるわけですから、そのレポートをしていただきたいと思います。

ではここで1曲お届けしましょう。

Ace of Baseで、Life Is a Flower。

♪ Ace of Base / Life Is a Flower ♪

ひろみ/ミキオポスト OnRadio、今週は、私のほうの1人しゃべりになってしまいましたが、来週は、元気いっぱいの下地ミキオさん戻ってきますので、皆さん来週も引き続きこの番組を楽しみに待っていてくださいね。

それにしましても、街中では、本当に年末のムード、気温とは関係なく上がっておりますのでね、皆さんも体調を崩さないように、いい年を迎えるように、体調整えて、日々お忙しい中をこなしていってくださいね。

忘年会ですとか、なにやらかにやらで忙しいですよね。

ただ、年賀状、私もまだ書いてないので、そろそろかななんて思っております。

ところで、今年の流行語大賞の「神ってる」という言葉なんですけど、私これを使ってる人、まだ一人も見たことなかったんですよ、野球そんなに見てないんでね。

先日、那覇マラソンの応援をしているミキオさんのFacebookライブで、ミキオさんが走ってる方に、君たちは「神ってるから大丈夫」って言ってるときにね、初めてリアルタイムで「神ってる」という言葉を聞きましたけれども、このように使ってるんですね、「神ってる」っていうのは。

走った皆さん、本当におつかれさまでした。

今度は沖縄マラソン、来年ありますので、そこでもまた頑張ってください。

ミキオポスト OnRadio、ご案内は本村ひろみでした。

それでは、また来週です。

さようなら。

]]>