当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
週に1回、内閣に対して質問主意書を提出しております - ミキオポスト | 衆議院議員下地ミキオオフィシャルサイト

MENU

一生懸命日誌

2020年03月04日

週に1回、内閣に対して質問主意書を提出しております

いま、週に1回、内閣に対して質問主意書を提出しております。

辺野古移設に関する質問を2回、沖縄パトロール隊の予算8億7千万円の効果について、計3回提出しました。

無所属は委員会の質問は出来ませんが、質問主意書を通して内閣の真の考え方を答弁で引き出すことにします。

今日はラジオ収録をいたしました。

多岐にわたる政治の課題をパートナーの本村ひろみさんと喧々諤々(?)、毎週楽しみながら討論するのは大好きです。

今日の課題は“沖縄の卒業式と入学試験の話題”、“新型コロナの考え方”、“アメリカ大統領選において、なぜサンダース議員が強いのか”、“楽天・三木谷さんの携帯事業へのチャレンジ”といったようなことを話しました。

特に「教育の学生ローンをゼロにする」という主張でアメリカ大統領選において民主党のトップに踊り出ているサンダース氏の動向は、教育無償化の本を上梓した下地ミキオにとっては大変興味深いです。

話は変わりますが、わが家の“かゆこさん”が、こんなに生け花が好きだということを初めて知りました。

たいへん行儀の良い姿勢です。