当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
5月20日、在日米国大使館へ要請に行きました - ミキオポスト | 前衆議院議員下地ミキオオフィシャルサイト

MENU

一生懸命日誌

2021年05月22日

5月20日、在日米国大使館へ要請に行きました

20日15時30分、無所属の会の當間盛夫県議、大城憲幸県議らとともに、在日米国大使館を訪問し、「在沖米軍基地内で働く日本人従業員とその家族、基地に出入りする作業員に対して、米国の枠内でワクチンを確保し、接種を行うべきだ」という要請をしてまいりました。

在日米軍の協力が得られれば、沖縄県内において、約6万人規模のワクチン接種が完了することになり、接種スピードが増すことになります。

それだけに非常事態の今、在日米軍に協力を仰ぐべきだという主旨であります。

在日米国大使館からは「日本の法の壁の問題が取り除かれれば、一刻も早く対応したい」との返答がありましたので、私どもも前向きに政府に働きかけて進めていきたいと思います。