当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
「岸田新総理誕生に向けて」 - ミキオポスト | 衆議院議員下地ミキオオフィシャルサイト

MENU

メールマガジン

2021年10月08日

「岸田新総理誕生に向けて」

(2021年10月1日にメールマガジンにて配信された内容を転載しています)

9月29日、自由民主党の第27代総裁に岸田文雄氏が選ばれました。

10月4日に召集される臨時国会において、岸田氏は第100代内閣総理大臣に指名されることとなり、新総理の誕生によって、新しい政策へのチャレンジが行われることになります。

自民党を支持する、支持しないに関わらず、すべての国民が、「さあ、岸田文雄総裁=総理大臣は、どのような方向に日本を引っ張っていくのだろう」という期待のなかで、その動向に注目していくことは間違いありません。

そして、1か月後には衆議院選挙を控えるなかで、具現化した政策を示し、その結果を出さなければならないという、言わば「待ったなし」の政治環境が出来つつある状況です。

政策としてはまず、“ウィズコロナ”という考え方の下に、日本経済の復活を図っていかなければなりませんが、これについては、短期と長期の2つのスパンで国民に示さなければならないと思います。

私は、短期の経済刺激策としては、「GoToトラベル事業の早急再開、および、今後5年間は、GoToトラベル事業を継続する」ことを明確にすることが大事だと考えております。

つまり、「このGoとトラベル事業継続は、決して一過性のものではなく、少なくとも5年間は続けますよ」という姿を示すことが、各所のモチベーションを向上させ、景気を刺激することとなり、それは確実に数値となって結果に表れます。

また、「5年間継続する」というインパクトは、投資を刺激することにもつながると、私は考えております。

次に、長期的な経済刺激策としては、「消費税率は10年間見直さない」ことを明確にして個人消費を刺激することで、新たなビジネスチャンスが生まれてくることにもなると思います。

「政治家は、10万円の特別定額給付金などの政策を行うと、その後に必ず消費税の税率を見直して回収しようとする」と強く考えている人たちも数多くいるだけに、「消費税率の見直しは10年間行わない」と明確にすれば、必ず個人消費の拡大が起こることになると思います。

今回の自民党総裁選は、「1か月後に衆議院選挙が行われる」という特殊な状況下で行われただけに、これから1か月間の政府の発信力は、大変注目を集めることになります。

土日に行われる世論調査、来週月曜日からの閣僚予想が出たあとの株価、世界の首脳たちの発言等、全てが集約されて、月曜から岸田内閣が動き始めます。

そして、所信表明演説、代表質問を経て、国民の短期的な評価が定まり、それが衆議院選挙へ影響していくこととなります。

菅総理が当初あれだけ高い支持率があったにもかかわらず、厳しい政治環境にまで追い込まれた最大の要因は、「今まで誰もやったことのない新型コロナへの対応において、良し悪しの基準が国民の間になかったこと」だと思います。

今日も地元で多くのお店をまわるなかで、「オリンピック開催の決断は良かったね」「緊急事態宣言の解除も良かったね」といった菅総理への評価の声が大きくなっています。

しかし、1年経って初めて、その評価が下されることになったのです。

岸田新総理は1年を待たず、1か月で評価を得なければならず、そこに難しさがあるのです。

政治家の評価は、コロナ対策と同じように、短期と長期、両方で得なければいけないと言われますが、岸田新総理は、「短期が全て」という、稀に見るタイムスケジュールでの勝負ということになります。

あと1か月以内で評価を得ることになる。

そのような意味においては、私も短期勝負ということになります。