当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
「怒り心頭~県民を守る強い意志~」 - ミキオポスト | 前衆議院議員下地ミキオオフィシャルサイト

MENU

メールマガジン

2022年01月15日

「怒り心頭~県民を守る強い意志~」

(2021年1月8日にメールマガジンにて配信された内容を転載しています)

沖縄県で初めてオミクロン株の感染が確認されたのは去年12月17日、キャンプハンセン内でクラスターが発生した時でした。

あれから今日(8日)までの23日間で、県内で確認された陽性者は5,526人、8日には新規陽性者が1,759人と過去最多を3日連続で更新しました。

「この現実をどうみればいいのだろうか。第5波までの経験は生かされたのか」

この悲惨な現状を見ると、沖縄県民すべてが疑問を持つことになると思います。

まず日本政府。

米軍基地で昨年12月17日にクラスターが確認されてから今月6日まで、米政府との交渉が行われなかったのはなぜか、本当に怒りを感じます。

林外相はブリンケン米国務長官へ3つのことを要請し、確実に実行させなければなりませんでした。

(1)アメリカ本国から在日米軍基地への移動を禁止すること

(2)在日米軍基地すべてのゲートを閉鎖し、基地内からの外出を禁止すること

(3)在日米軍基地内で働く日本人従業員すべてにPCR検査を行い、それが完了するまで基地内から外出させないこと

この3つを12月17日のクラスター確認後、間髪入れずに行うことは、日米両政府の当たり前の政治決断と行動です。

しかし、米兵は基地外へ繰り出し、日本人基地従業員も検査をすることなく家族のいる自宅に戻る。

今日の惨状は、まさにこの“やらなければいけないこと”を“やらなかった”ことにあると言わざるを得ません。

次に沖縄県の玉城デニー知事。

知事が、日米両政府に対して強硬な姿勢で臨まなかったことが、大きな問題であります。

知事は次の6つのことを間髪入れずに行うべきでした。

(1)在沖米軍トップの四軍調整官を県庁に呼び、「兵隊の移動禁止」「ゲート閉鎖」「日本人従業員全員のPCR検査」について指示すること

(2)行政だけではなく、沖縄県議会および県内41市町村が統一文言で米軍に対する対応についての決議行い、沖縄県がリードして基地所在自治体、ハワイ、グアムなどと認識の共有を図ること

(3)12月24日に国内での使用が承認された飲み薬を、重点的に沖縄に配分し、重症化を防ぎ、医療体制を守ること

(4)PCR検査を24時間、いつでも、どこでも、だれでも、何度でも、無料で行えるようにすることで、早期発見し、重症化を防ぎ、医療体制を守ること

(5)航空会社と連携を取りながら、県外から来る全員のPCR検査を行う体制を整えること(オミクロンから沖縄を守るミキオの考え方 https://youtu.be/y5LzSk_l1fw)

(6)「まん防」ではなく、「緊急事態」の宣言を要請すること
感染拡大のスピードが第5波までと全く違うという認識があれば、中途半端な「まん防」ではなく、「緊急事態」で国の責任を明確にし、経済的に苦しむ人々を徹底的にサポートすべき。

やるべきことは、タイムリーかつ具体的に実行すべき環境にあることを認識したうえで、知事としての職務を全うすべきでした。

日本政府が動いてくれないとか、日米地位協定の壁があるとか、今この時にそんな御託を並べても意味はなく、今この時期を乗り越えるためにすべてのエネルギーを注入すべきであります。

「自分の県は自分で守る」

「日本政府・米国政府の対応に問題があれば徹底的に戦う」

この発想を原点として政治行動をとらなければ、沖縄県民を守ることはできません。