当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
全てを賭けて、すべてを変える - ミキオポスト | 前衆議院議員下地ミキオオフィシャルサイト

MENU

メールマガジン

2022年07月23日

全てを賭けて、すべてを変える

13日午前8時、私はワシントンDCのホワイトハウス前で、沖縄県知事選挙への出馬を表明いたしました。

ホワイトハウス前で出馬を表明した理由は、戦後沖縄の運命がホワイトハウスのジャッジによって左右されてきたからであります。
77年前、沖縄がアメリカの施政権下におかれ、それから27年後、沖縄が日本復帰したこと、これらはすべてホワイトハウスのジャッジでした。

沖縄の日本復帰から50年、今もって在日米軍基地の7割が沖縄に集中している現実も、
日米地位協定の抜本改定をアメリカ政府が認めないことも、すべて、ホワイトハウスが決めてきた歴史があるのです。

私が今回、沖縄県知事選挙に立候補するにあたって、“基地問題を本気で解決するために立候補する”
という強い意志を示すために、マスコミの前で出馬会見をするのではなく、
沖縄の運命を決めてきたホワイトハウスの前で出馬表明をすることにしたのです。

沖縄の意思を、ホワイトハウスに明確に伝えることができると考えたからです。
9月11日に、下地ミキオが新たな沖縄県知事となれば、
ホワイトハウスで出馬表明をしたことが本当に大きな意味をもつこととなり、
沖縄の基地問題解決の大きなエネルギーになると思っております。

私が今回、沖縄県知事選挙へ出馬する目的は、3つの沖縄の課題を解決することです。
1点目は、米軍普天間飛行場の辺野古移設についてです。

私は、結論として、
「辺野古の軟弱地盤の埋め立てを政府に断念させる」
「普天間飛行場で行われる訓練による危険と騒音問題は、馬毛島へ移転する」
「現在、既に埋め立てられてしまった場所は、オスプレイの駐機を行う格納庫をつくる」
こととし、沖縄の美しい環境を守ります。

2点目には、子どもへの投資を大胆に行い、全ての子ども達に、教育と食育と健康の平等な環境をつくります。
1.保育園から大学・専門学校までの授業料すべての無料化、
2.給食費の無償化、および、朝のパンとおにぎりとミルクの提供、
3.18歳までのすべての子どもの医療費を無料化し、かかりつけ医と子ども達のコミュニケーションづくりで、健康な子どもをつくる、
4.塾や習い事に行く子どもと、行けない子どもとの格差をなくすために、上限3万円の補助を行う、
5.子どものスポーツ・芸能における遠征費用の補助。

これらの5つの政策を行うことで、沖縄の未来が確実にみえてきます。

3点目は、経済についてです。
1.民間活力を徹底的に活用します。
そのためには、“土地の高度利用を徹底的に行うこと”。
土地用途の変更を行い、容積率の見直しも行い、とにかく土地利用の規制緩和を徹底します。

2.PFIを活用し、社会資本整備を行うこと。
これまで社会資本整備は、税に頼ってきましたが、
これからは、自分たちでできる社会資本整備は、自分たちで徹底して行ってまいります。

3.観光の好循環をつくりあげていきます。
その前に、那覇空港・宮古空港・石垣空港・久米島空港・下地島空港を合併民営化し、
大胆なエアポートセールスを世界中に行い、ヨーロッパ・アメリカからのダイレクト便も増やし、
2000万人観光を実現します。

そして、徹底的に農業をコラボさせ、製造業をつくりあげ、
観光が全産業とベストミックスになるようにするのです。

これまでと違う沖縄観光をつくる、

そして2050年には、“GDP10兆円・一人当たり県民所得400万円”を実現します。

皆さん、ミキオはちゃんとプランをもっています。

思い付きで戦っているのではありません。

LOVE沖縄、沖縄ファーストでいくのです。全てを賭けて、全てを変えます。