当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
「条文」に書き込むことの重み ━下地ミキオと沖縄振興特別措置法 - ミキオポスト | 衆議院議員下地ミキオオフィシャルサイト

MENU

2021年04月21日

「条文」に書き込むことの重み ━下地ミキオと沖縄振興特別措置法

〇沖縄振興特別措置法への特別な思い

私は、2002年、2012年と、2度にわたって、沖縄振興特別措置法に与党の立場から携わりました。
この経験をした政治家は、国会議員でも、県会議員でも、今は私以外にはおりません。
2度携わった経験からはっきりと一つ理解していることは、「条文の重み」です。

〇実現したいことは、必ず条文化しなくてはならない

「条文に書き込むこと」がいかに重要であるか、分かりやすい例を2つ挙げます。
一つは、2012年の沖縄振興特別措置法改正時に、「専門学校」という言葉を条文に書き加えました。
これによって、「専門学校に予算がつく」ようになりました。
今や、500人から600人ぐらい給付型の奨学金を受ける子供たちが専門学校にいます。
2つ目には、「琉球大学」という言葉を条文に書き加えました。
「沖縄の健康の拠点地区をつくる」という言葉も一緒に条文に書き加えたところ、琉大病院建設の「補助金が8割」になりました。
財政投融資のような、借入れで建設するとなれば、もっと規模の小さい病院しか建設できなかったと思います。