当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
第6次沖縄振興計画 目指す姿は“好循環型社会” - ミキオポスト | 衆議院議員下地ミキオオフィシャルサイト

MENU

2021年04月21日

第6次沖縄振興計画 目指す姿は“好循環型社会”

〇好循環モデルのカギは“教育”にあり

沖縄県は、四方を海に囲まれ、一年を通して暖かく、アジア各地の文化を巧みに融合させた独自のミクスチャー文化を生み出しています。
その個性を最大限に活かすためには、アジアを視野に入れた振興策が必要です。
沖縄県がアジアの中心となり、「人にやさしく」「安定した経済成長を可能にする」振興策を実現すれば、SDGsを徹底的に活用した経済活動が活性化します。
それによって、沖縄はさらに、その個性と強みを活かすことができます。

この好循環モデルを実現させるためには、これらの役割を担い、実践してく優秀な人材が必要です。
その人材を育成するためには、教育こそが最重要です。
好循環を支える大きな幹は、「教育」なのです。