当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

MENU

2021年04月21日

第6次沖縄振興計画 策定ポイントは“3つ”

〇コロナ後の振興予算は “縮小する”と心せよ

公債残高、いわゆる、「国と地方の借金」は、年々積み上がっています。
現在の令和3年度予算から、借金を返済する国債費を除いた形で予算を見てみると「83兆円」となりますが、この金額は、平成20年度の予算規模「84.7兆円(こちらは国債費込み)」とほぼ同じです。
そして、平成20年度当時の沖縄振興予算を見ると、「約2,551億円」計上されていることがわかります。
現在の沖縄振興予算は「3,010億円」ですが、この予算額で振興計画を策定すべきではありません。
平成20年当時の水準で考えることが、コロナ後の現実的な予算組みだと思います。

〇世界のトレンドは“SDGs”であることを心せよ
持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)、いわゆる「SDGs」ですが、貧困、健康、教育、エネルギー、経済成長など、「持続可能な社会」の実現こそが、世界共通の課題であり、沖縄県の未来の姿を考えるうえでの指標となります。

https://www.unicef.or.jp/kodomo/sdgs/17goals/
(リンクのテキスト:SDGs17の目標)

〇沖縄への特別待遇は“終了する”と心せよ
1972年の本土復帰以降、「本土との格差を是正する」ために、さまざまな優遇措置が講じられました。以下に主だったものを3つ挙げますが、第6次振興計画を策定するうえで意識すべきは、「これらの優遇措置はその役目を終える」、すなわち、「優遇措置ありきの振興策を考えてはならない」ということです。

◆沖縄振興開発金融公庫
沖縄経済を盛り上げ、社会開発に資することを目的として、「全額政府出資」で設立されました。
(余談ですが、本店は東京にあります。)

 ◆高率補助
沖縄のインフラを整備するために、高い補助率が認められています。
たとえば、沖縄県の那覇市で道路を新設するのに「1億円」かかるとすると、国から「8千万円」の補助が出ます。
(他の自治体では「5千万円」です。)

 ◆内閣府 沖縄総合事務局
沖縄の復興・開発を効率的に進めるために設けられた「国の出先機関」です。
2001年(平成13年)の省庁再編により、「内閣府の地方支分部局として再編」されました。