当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

MENU

2021年04月21日

第6次沖縄振興計画 達成のカギは「5つの柱」

〇5つの柱で、第6次沖縄振興計画の目標達成力を高める

「格差」、「変革」、「ポストコロナ」、「SDGs」、「未来」。
第6次沖縄振興計画を策定するにあたり、この5つを大きな柱として、新たな沖縄振興特別措置法を制定します。

これまでの沖縄振興計画を検証すると、3次、4次、5次の振興計画は、目標を達成できていません。
つまり、県民所得も、GDPも、掲げた目標を達成できていません。
この2つの目標を達成できていないために、「自立した経済」という目標も達成できずにいます。
結果的にどうなるかといえば、負の連鎖が生まれて、沖縄でのDVの数が増え、子供の虐待の数が増えるという事態になります。

「振興計画を策定しました」というだけで終わっては無意味です。
目標を達成することが最重要です。
目標を達成できる振興策をつくる。
そのための沖縄振興特別措置法が必要です。